義父の事業を手伝っている娘婿とは同居している。仕事熱心な上に真面目なお婿さんに対してそんな気持ち微塵も無かった。でもあの夜..。二人の何かに火が付いてしまったんです。それからの二人は取り憑かれたかの様にお互いを貪りあう日々。禁じられた関係だと分かっているからこそ、この甘美な蜜を啜り合うのです…。