深夜の東京を彷徨う一人の少女。詳しく話を聞くと、いろんな家を転々としている「家なき子」だった。ご飯を与え、仕事(売春)を紹介したところ少女は目を輝かせた。「ゆい、生活できないから、なんでもする」身体を捧げ、明るく笑う少女は無垢な瞳で夢を語った。「お仕事つづけたら、学校に行けるようになるかな?」