インテリアデザインの会社を3社経営し、今は会長という立場で優雅な生活を送っているという高貴な女性、愛川恭子さん37歳。ラグジュTV152に出演しており、今回が二度目の出演である。前回のインタビューでは「彼氏と行う普通のラブラブセックスでは物足りなくなってしまった」と語っていた彼女。初めて経験した男優の巨大チ○ポや、凄まじいテクニックに快感を覚え、二度目の出演を強く希望していたという。「もう、普通に戻れないかも(笑)」と彼女は言う…。艶やかで美しい彼女の容姿は、とても37歳にはみえない。張りのあるGカップの胸に、キュッと締まったクビレ。贅肉のなど一切ない完璧なスタイルである。アイマスクで目隠しをし、両手を拘束して自由を奪う。視界を奪われ何をされるかわからない状態で、電マの強い刺激を与える。ヴイィィィィィンッと電マの音と同時に彼女から大きな喘ぎ声が漏れ、腰をくねらせ半狂乱でイキまくる!ギンギンに勃起した男優のチ○ポを彼女に挿入すれば、「ダメぇ…おっ…きぃぃぃぃ」、「だめぇぇぇ、そこダメぇぇぇ」、「イッちゃうぅ…!!」と卑猥な言葉を撒き散らす。高貴な変態セレブが白昼堂々と淫らに乱れるフル勃起必須でございます。