新たな快楽を知るために、『水川スミレ』はとある部屋を訪れた。家主への忠誠を誓う首輪と抵抗を放棄する手錠。‘奴隷’として生きていくことを望み、熱くたぎる身体を捧げていく。平穏な日常では味わうことのない苛烈な刺激が心を高ぶらせ、陰部が潤いに満ちていく。愛して止まない肉棒の刺激にありつくため、執拗な口淫で興奮を誘う。待ち焦がれた挿入の時、身の毛がよだつ程の悦びに打ち震え、恥じらうことなく嬌声を張り上げる。口や陰部に注がれた褒美がさらなる欲情を促し、さらなる刺激を懇願し始める…。痛みや苦しみの先にある快楽をただひたすらに求め続け、さらなる調教を懇願していく…。