とある田舎の漁村で暮らす千里。旦那は東京に出稼ぎに行っており、一人寂しい日々を過ごしていた。そんなある日、悪い漁師の男達に目をつけられた千里は、港で船の様子を見ているときに襲われ連れ去られてしまう。目がさめるとそこは異様な密室空間。手足を縛られ男達の慰み者となった彼女は、電マやローターの快楽責めに大量潮吹きで悶え喘ぎ次第に理性を失っていく…。