幸せで穏やかな毎日…夫との生活は何一つ不満の無いものだったが、夫の上司・加山との出会いが塔子の生活を非日常へと変えていった。夫で感じられなかった身体の疼きを思い出した彼女は、彼の肉棒無しで日常の退屈さに耐えられるはずもなく…。後ろめたさを感じながらも塔子は、加山との関係に溺れていくのだった。際限なく与えてくれる密かな悦びは彼女の生活に入り込み、いつのまにか日々の営みへと変わり始めて…。