忘れようとしていたあの人。2年前。今の幸せを選んだはずなのに。あの人がつけた傷は、今でもこの体を疼かせている。「梨夏からの責めを受けることが出来たら、俺がもう一度調教してやってもいいよ」そんな屈辱的な扱いすら甘美に思えてしまう。私は本当にふしだらなオンナなんです。