女教師のありさが受け持つクラスには不登校の生徒・耕太がいた。クラス委員のえまとありさは耕太を心配し、彼の家を訪ねるのだが、耕太は不良仲間と女性を捕まえ淫らな行為を行う鬼畜的な男だったコトが判明する…。ありさとえまは、蜘蛛の糸にかかった蝶のように捕らえられ、耕太とその家族、不良仲間の魔の手に堕ちていく。輪姦され続け、2人は自我を失い、やがて性奴隷となり果てて…。