新たな快楽を知るために、『若菜 奈央』はとある部屋を訪れた。家主への忠誠を誓う首輪と抵抗を放棄する手錠。‘奴隷’として生きていくことを願い、熱くたぎる身体を捧げていく。刺激を与えられる度に悦びを感じ、いついかなる時でも奉仕することを厭わない。どれほど激しく、痛みを伴う行為であっても、その先にある快感を信じて身を委ね、幾度もの絶頂を迎えた先にある非日常の世界のために新たな刺激を懇願していく…。