義母を亡くし独り身の義父。週一回の楽しみは息子の嫁ひびきが身の回りの世話にやってきてくれる事だった。週一回の楽しみに更なる楽しみを加えようと義父はひびきに襲いかかる。しかし、まんざらでもないのか言葉とは裏腹に気持ちが昂ぶってしまうひびき。夫や亡くなった義母に罪悪感を感じながらもひびきは義父を受け入れてしまった。やがて、ひびきは義父の、義父はひびきの身体が忘れられず夫の目を盗み欲望のままに関係を重ねていく2人の行方は…。