眠りにつく夫の横でその妻が、抵抗も虚しく身体のいたるところの粘膜を強欲な肉棒によって犯される。妻としての気持ちは拒んでいるはずなのに、敏感に反応した身体は愛液を溢れさせ、その他人棒を悦んで迎え入れる。そんな彼女らは膣内でたっぷりと精子が吐き出されるまで背徳の快楽に浸るのだった…。