妾の子である佑二は両親を亡くし、本妻である花穂子のもとに引き取られた。花穂子は子に恵まれず、それが原因で義父に冷遇されていた。心配した花穂子の妹・彩香により、佑二の精子を利用して花穂子が夫の子を身篭っていた事にする計画が提案される。最初は拒んだ花穂子だったが、若く力強い男根に女の本能が疼きはじめる…。