「ずっと君を見ていたよ…。彼氏はいないみたいだね。図書館でよく1人でいるね。本が好きなんだ…?真紀ちゃん…ねえ、真紀ちゃん…」男は少女の膣だけでなく、尻の穴まで奪った。嫌がるのも構わず…。じっくりゆっくり何日もかけて…。あぁ、愛くるしい顔に美乳と頬ずりしたくなるまん丸の尻を持つ少女だった。