もうすぐセンター試験。どうしても譲れない第一志望。ワタシはいつものように公園で苦手な英単語の暗記。「絶対に受かりますように」春から夢だった東京の学校に一人暮らし、絶対に合格するんだ。そんな少女を遠くから見つめる視線…「犯したい…」いつもの放課後、帰り道。なぜ…こんな事になってしまったのだろうか。目が覚めると知らない場所。目隠しをされて両手を縛られている。男の人の声、「動くな…」ワタシは怖くなって、動けずにいた…。