都会から夫の都合で越してきた妻くるみ。専業主婦の彼女は、いつも夫は仕事に出かけていると思っていた。ある日、くるみの元に村で農家を営む男がやってきて、旦那に貸している多額の金を返済して欲しいと言われる。ショックを隠せない上、そんなお金を用立てる術はない。そんな中、男は「金が返せないなら、身体で返済してくれ。」と要求…。