恭平は浮気性で男をとっかえひっかえしている母に嫌気がさしていた。むしろ理想の母親像を、親友である翔太の母:涼子に見出していた。そんなある日また母に男を連れ込まれた恭平は、思わず家を飛び出し翔太の家に転がり込む。愚痴をこぼしていると涼子に温泉旅行に誘われる。恭平は憧れの女性に誘われ嬉しさのあまり二つ返事で承諾するのだった。