えまは大好きな彼氏がいるが、未だ体を許していなかった。それには理由があった。日頃から兄たちに体を求められ応じていたのだ。イケない事だとわかっているが、兄たちの気持ちがこもった愛撫を受けるだけ体の力が抜け、勃起したカチカチの若肉棒に触れると愛液が滴り、挿入されると背徳感と快感とが相まって身も心も最高潮に。こんな禁断SEXやめられない…。