夫が私を抱かなくなってから数年、はるあは優しさを不倫相手に求めていた。ただその優しさも自分が欲しいのか解らなくなっていた。そんな中はるあを心配する中年男佐藤が現れる。佐藤ははるあの良き相談相手になった。そんな二人が男女の関係になるのは必然であった。男たちと情事を繰り返し、はるあは気付いた。私は女として見て欲しかっただけ、SEXする男が欲しかっただけ、カラダが満足すればそれで良かった。だって夫婦関係は崩壊していないのだから。