ここまで苦労して女手ひとつで息子を育ててきました。でもふと気づいたんです。私はずっと女であることを忘れていたと。母親から女に戻り女の幸せを掴みたいと思いました。そう思わせてくれた相手が息子の親友なんです。息子は胸中複雑なはず。でもわかってくれると思います。私は女。愛した男のチ○ポに突かれるのが幸せなんです。これが女の本能。息子が隣室にいると分かっていても彼のチ○ポが欲しくなってしまうんです…。