カメラマンになる夢を持つ僕は、宅配屋のバイトをしながら生計を立てている。そんなある日、N区H台の地域を配達していた僕は衝撃の光景を目の当たりにした。ある一軒家の玄関から顔を出したのは、美しい人妻の卑猥な乳首だった。ブラが見えただけでもドキドキしてしまうのに、ピンク色の乳首がチラチラ僕を誘惑して来て…。奥さんは、僕が見ているのを気づいているのか?気づいていないのか?とにかく僕は乳首に夢中だった…。