夫と喧嘩し家出をした妻の真由美。結婚して地元を離れた真由美が頼れるのは夫の父親・銀二だけ。銀二は息子の嫁で、義理の娘のように可愛がっていた真由美を快く受け入れた。しかし真由美の気持ちは違った。一人の男として銀二を愛していたのだ…。そして、二人きりになると真由美は欲情し疼いたアソコを銀二に押し付け、唇を重ねていく。初めは理性を保っていた銀二も真由美の妖艶なその姿に股間は自然と膨らんでいって…。