母子家庭で育った俺は最愛の母を亡くし生きる意味を失っていた。涙に暮れ、自暴自棄になっていた俺を救ってくれたのが、保険外交員の千尋。この女と結ばれる為だったら、俺は何だってやってやる…待ってろよ、千尋。