一見すると色白の大人しそうな美女…坂本すみれ。楚々とした女性という言葉がぴったりな彼女が鉄板のセックスに挑む。無毛のマンコが濡れ始めたら、もう止まれない。長い黒髪を振り乱しながら全身を汗に濡らし、台本無しのセックスに没頭していく。34歳にして秘められた淫乱性を開花させたすみれは、最後生半可なセックスでは我慢できなくなったのか、膣内に、端正な顔に、男の精液を受けていく…。