夫が交通事故で亡くなり、私の世界は真っ暗になって、いまでも悲しみは癒えない。そんな意気消沈している時に夫の弟に抱かれ、戸惑いと同時に夫のことを思い出し心のどこかで高ぶっていた。そんな不埒な私に天国のあの人はなんて思っているのかしら…そんな事を考えながらも心とは裏腹なアソコの疼きを抑えられないでいた。