日常生活の中で、偶然、目の前にいる女性のスカートからパンチラがチラリと見えていた…息を潜めて見ている僕の視線に気づいた女性は、隠すどころか逆に見やすいように脚を開くのである。なぜ?驚く僕。女性と目が合うとニヤリとほくそ笑んでいる。もしかしてわざと?その予想してない状況の中、僕は我慢できなくなり股間に手かいってしまうのである…本作は女性視点の物語で展開していきます。