三原ほのかが味わうのは、自由を奪われ宙に浮く不安と高揚感。全ての抵抗を奪われ、男たちの欲望をひたすら受け入れ続ける。紫色に変色していく腕、床を濡らす大量の潮。朦朧とする意識の中、敏感に反応する身体がくねくねと暴れイキまくる。可憐な表情が、涎を垂らし快楽をねだる妖艶な女に変わって行く様は興奮です。