ストリッパーの奏は自分の仕事に誇りを抱きながら日々を過ごしてきた。そんなある日、怪しい男が奏での前に現れ、生き別れた父の借金を返せと言ってきた。最初は自分を捨てた父とは無関係だと断る奏だったが、ストリップの事をお店に言うぞと脅かされ男に無理矢理犯されてしまう。それから奏の地獄が始まったのであった…。