連れ子の美緒は義理の兄に肉体関係を強要されていた、断っても同じ屋根の下断り切れるものではない、母に兄との関係が見つかるのを恐れ肉奴隷のように犯される日々、それを義父に見つかるが、怒るどころか義兄より優しい義父に体を自ら許す娘、欲望を抑えきれない男達を受け止める娘のあどけない体はいつの間にか女に成っていた。