夫の海外赴任を来週に控え、義父・透が一人で暮らす夫の実家にやって来た遥。そんな大切な時期に夫の浮気を知ってしまい遥は夫だけでなく、男に対する信用も出来なくなっていた。しかし、義父・透だけは特別だった。ひとりの男として愛していた。そんな義父と一緒に居られるのも残すところ1週間。遥は眠っている義父に跨り、そっと唇を重ねると自ら股間を擦りつけ密かに抱いていた想いと欲情を大胆に曝け出していくのだった…。