デビュー作の体験が忘れられず、また旦那さんに嘘をつき出演を決めた渡辺さん。普通の会社員で普通の主婦の彼女はいくら激しく腰を振った後でも、「すみません。いっちゃいました。」と照れながら丁寧に自分の快楽を伝える。男優達の無茶とも言える卑猥な要求にも膣をヒクつかせて素直に頷く彼女は、とても上品なスケベだ。