父に反対されて都会に出た僕は数年振りに田舎に帰省した。当時の僕とくるみ姉さんはお互いの恋慕を抑えきれず親に隠れて逢瀬を重ねていた。久しぶりに再会した姉は僕のことを今でも愛していてくれた。再び近親相姦という禁忌を犯し親に隠れて絡み合う姉弟。「ねぇ…今晩もまたわたしの部屋に来て抱いてくれるよね?」