義父・武雄と二世帯同居をする事になった笠原夫妻。ある日、嫁のあおいが武雄の部屋に入ると、なんと自慰の真っ最中であった。慌てて出るあおいだが、あまりに立派なイチモツに心奪われて…。日頃の発散と言い聞かせて、その肉棒を想像しながら自慰で発散させるのだった。それに気づいた武雄は、あおいの隙を突いて強引に唇を奪う。抵抗するも、秘めた欲望は肉体の快感に抗えず、いつのまにか武雄の舌を受け入れて…。