一緒になると信じていた沢木さん。彼は突然私の前から居なくなりました。その傷を埋めるように私は修二さんと結婚しました。それから3年―。夫が出張に出かけたある日、偶然、沢木さんと再会したのです。しかし彼に以前の面影はなく、野蛮な男へと変わり私を無理矢理犯したのです。彼と修二さんは職場でプロジェクトを共にしていて、修二さんに裏切られていたのです。その恨みを晴らすように彼は毎晩、私を犯していきました…。