顔立ちがくっきりとした迫力美人・吹石れなが、褐色の肌を汗に濡らし鉄板のセックスに挑む。ムッチリとした妖艶美ボディをダイナミックに操りながら、汗に濡れた髪を振り乱しながらセックスに没頭。快感のあまり、垣間見せた恍惚とした表情は、れなの淫靡さを強く知らしめる。最後は五本の肉棒に代わる代わる挿入され、大量精子を顔面に。白濁ザーメンと日焼け肌のコントラスト、生々しいまでのエロスを感じさせる…。