あいかの父耕作は著名な文学作家であったが放蕩の末に才能が枯渇してしまう。娘の文学的才能を知った父はあいかをゴーストライターに使い作家活動を再開、そして文学賞を取るまでに。しかし出版社の編集長は昔の耕作を知るが故に疑念を持つ。事実を知った男はそれをネタにあいかへの脅迫を始めて…。「お父さん…見ないでぇ」若い肉体を辱める麻縄調教。カラダに食い込む縄に狂い、恥辱の牝奴隷へと堕ちてゆくお嬢様。

動画詳細 (DMM)