あの女は突然家に押しかけて、私を侮辱しては夫の愛人だと言い放った。私は夫を愛していたし夫を信じたいと強く思った。この時夫と向き合い話し合う事が出来ていたら、あんな事にはならなかった…。それからあの女は、卑劣な男を連れて毎日のように家にやってきては私を汚した。夫への罪悪感に苛まれ気持ちでは抵抗しても、私の正直な身体は行為を受け入れてしまった。私は愛する夫よりも快楽を選んでしまう淫乱な女になった…。