関東の神納組は関西を中心に勢力を伸ばす忌野組との抗争で初代組長が殺された挙句、二代目襲名披露を目前に組幹部、神納善吉と多くの組員が一斉に検挙され、善吉の妻、舞香(浅野舞香)が二代目組長に襲名した。その二代目組長・舞香には妙な噂があった。夜な夜な若い娘に手を出していると…。そして、神納組若頭の妻・あゆみはその身を持って噂の真相を知るのだった。先代を殺し、組を陥れたのが誰なのかも…。