借金返済のためには、己のカラダを差し出すしかなかった…。執拗な唾液まみれの濃厚接吻。貪り合う唇、絡まり合う舌と舌。夫とでは決して味わえなかった激しい快楽。借金返済なんてただの口実で、本当は夫以外の男に抱かれたかっただけなのかも…。私、自分がこんなにいやらしい女だなんて、ちっとも知りませんでした。