親が決めた結婚。良い夫婦であろうと取り繕った生活。しかし未帆は強いマゾ性癖を隠していた。かって自分を奴隷として調教していたサディスティックな恋人のことを思い出しながらオナニーにふける。ある日、自分を押さえきれなくなった未帆は、元恋人に会いに行ってしまう。優しい夫を裏切る背徳に心を痛めながらも、燃え上る淫欲に逆らえない。