水がほしい・・。ここ何日も水を飲んでいない。水を買うお金もない。俺は途方に暮れていた。道路を見るとなぜか、少し濡れている。最近、雨も降って いないし何で濡れているんだろう?なんであれ、水にありつけるかもしれない・・。俺は水の道をたどった。だんだんと多くなってくる濡れ跡。階段につながり あるお店へと導かれた。店に入るとメイド服姿の女の子達が出迎えてくれた。まさにここはオアシスw女の子:「いらっしゃいませ!ご主人様。お飲み物はどう されますか?」僕:「このお水の正体が知りたい」女の子:「かしこまりした」すると一人のかわいい女の子がぷるぷる震えながら現れた。とても小さくかわい らしく前●敦子に似ている。彼女の足元にはさっきのお水が滴り落ちていた。突然、女の子が「お代はいりません!私の事を虐めて下さい」っと言った。まだ、 ぷるぷるしてる。こんないたいげな女の子がこんなに頼んでいるのだから断ってはかわいそうだ。別室に案内され、彼女を肉棒で虐めた。SEXが終わった後で も彼女のま●こからはお水が出るわ!出るわ!お股を広げてみるとそこには3つもローターが隠されていた。どうりで挿れた時凄い振動がきたはずだ。「お客様 からもらったもの入れてるの」っと彼女は言った。俺は黙って4つ目のローター入れ込んだ。