夫・修二がストレスで倒れ、看病する妻・希美。そこへ修二の上司・田淵が見舞いに訪れ…。気落ちした修二は希美とSEXレスだと明かし「妻の相手をしてくれ」と冗談交じりに呟く。仰天する田淵だが、いったん希美を意識し始めた欲望は収まらず…。味を占めた田淵は修二の目を盗みながら彼女の熟れた肉体を堪能していく。幾度も繰り返される淫らな行為に、夫への罪悪感を感じながらも希美の欲望は歯止めが利かず…。