父ちゃんの畑を継ぐ事が、僕の夢だった。しかし、実家の畑が取り上げられて僕の夢は儚く散った。『もう一度、父ちゃんと畑仕事をする。』そう誓った僕は、畑を買い戻す為に上京して水商売を始めた。ところが指名客は全く取れず、金が貯まるどころかその日暮らす事で精一杯だった。そんなある日の朝、僕はゴミ出し場でピンク色の突起物と出逢った。それはブラジャーの隙間から見え隠れしながら、チラチラ僕を誘惑してきたのだ…。