はなの結婚生活は順調だった…しかし夫が突如のリストラで会社を解雇されたことから平穏な生活は崩れていった。生活苦から夫は持ち家を勝手に売却することに決めてしまう…とある日、買主が訪れる。その男は突如はなを犯し、手籠めにしていく…そうしてその日からはなの生活は一変するのであった…力のないものが強引に屈服させられ、調教されていく…夫の目の前で犯される妻の悲痛な叫び…それを聞いた夫は何を思うのか…!?