「今日、内示があったんだ。開発チームの課長に任命されたよ。」嬉しそうに話す夫に、私は心を打ち明ける事が出来なかった。それどころか、夫を欺いている苦しさから無邪気に笑う事すらも出来なかった。あの日から私は、野上さんの言いなりになった。『私が耐えれば耐えるほど、夫はおのずと出世してゆく。』そう自分に強く言い聞かせた。しかし、私の身体は罪の意識から逃れるようにのめり込んでいった。そして、7日目の夜…。