俺の名前は新太郎。小雨がぱらぱらと降る中、コンビニで買ったビニール傘を差し待ち人を待つ。そう、今日はネットから応募があった素人ムスメとの待ち合わせである…どんなムスメ現れるのであろうか、この時間は楽しみでも有り、恐怖でもある複雑な時間なのだ。基本は可愛いムスメが来てくれるのだが、稀にとんでもなくブサイクで配信できないレベルのムスメも現れる。しかも最近引きが悪い。そうなると苦痛なセックスになるだけでなく、そんな動画を持ち帰った日には会社で冷ややかな視線を贈られることは目に見えているのだ…。頼む、頼むからハズレは勘弁してくれ…そんなことを考えながら待っていると、後ろから声をかけられた。唾を飲みこみ覚悟を決め、振り向いた。「えっ!!??」俺は数秒間口をポカンとあけて硬直してしまった。「カ、カワエエ…。」これは上玉だ!最高のエロ動画になることは間違いない!そう思い、既に勃起してしまった股間を隠しながら予約しているホテルへ彼女を案内した。ホテルに入り、焦る気持ちを我慢しながら軽いトークをし、彼女の服を脱がした。厚手のニットを着ていたから、あまり胸には期待していなかったがまさかの巨乳!そしてナイスなくびれ!かわいい×巨乳×ナイスくびれ!マチガイナイ逸材だ。胸や膣の感度もよく、声もエロい!最高のセックスをし、最高のエロ動画が撮れました。やはり楽しまないといい仕事はできませんねw会社に戻り上司にドヤ顔で素材を渡すと、「お前にはもったいない女だ」と何故か怒鳴られましたwwそれくらいいい仕事したってことかな!ではっ!(^^)