男の情欲を煽るむっちりとした肉体にどこかあどけない顔立ち…そんな涼川絢音の性欲は半端ないと形容するしかない。幅広な舌とエロすぎる舌使いの濃厚ディープキスから始まる、過剰な演技を排除し密着しながら感情をぶつけ合うリアルなセックス。快楽に没頭し始めると絢音の目は潤み、白い肌が高揚して薄赤くなっていく。そうなった絢音が止まれる筈もなく自ら懇願しデカチンに喉奥と子宮を突かれ潮を噴き、絶頂していく…。