唇と唇を重ねるととたんにスイッチが入って、肉棒を懇願する。正常位でゆっくり挿入すると大胆にも乳首を舐めてきて、だいしゅきホールドでがっちりと抱きついてくる。ギンギンになった肉棒は耐え切れず、たっぷりの白濁液をピンクの膣内に注ぎ込んだ…。