多忙な夫は家を空ける日も多くなり、女盛りの理絵(彩乃なな)は日々の溜まった欲情を義父の重文へ向けるようになった。挑発するように家庭内ではタイトな上着とミニスカートで義父の視線を弄び、遂に理絵は義父を誘い限界まで溜め込んだ色情が爆発する…夫の義父に犯されているという背徳感が脳内をさらに刺激し、夫のSEXとはまるで別物の快楽と今だかつてない絶頂の渦に飲み込まれ、家庭内の三角関係がエスカレートする…。