結衣は母子家庭の苦境を乗り越え女手一つで息子・ケイタを育ててきた。結衣の苦労を知ってか知らずかケイタも母親想いのしっかりした男に育った。そんなある日、ケイタが家に居ると結衣と何故かケイタの親友・トオルが一緒に帰宅した。「ケイタ…お母さんとトオル君、結婚したの」意表を突かれ驚くケイタをよそに幸せそうに見つめ合っている結衣とトオル。ケイタはそんな幸せそうな二人を怒るわけにもいかず…。