あの日から、私たち夫婦の関係は歪み始めた―。偶然目にしてしまったブリーフの異常な膨らみ、そしてブリーフからニョキッと顔を出した特大の男性器に、私は頭がクラクラする程の興奮を覚えた。紫色に膨らんだ亀頭はピンポン玉のように丸く、我慢汁に濡れてはテラテラと卑猥に輝いていた。後ろめたさを感じながらも心を揺さぶられた私は、その凶暴な男性器に抗う事が出来なかった。それから私は、夫の居ない時間を見計らって…。